フェイスブックをどうやってビジネス向けに?

SNSは基本的に無料で解説できますが、ビジネス特化として使う場合は課金が必要になることもあります。フェイスブックはビジネス特化で使用する場合も無料で解説できますし、機能が劣る事もありません。 これから企業用のSNのアカウントを開設される方は、フェイスブックがおすすめです。

なんといってコストゼロが大きなメリット

SNSを通じて企業がユーザーへ情報を発信するのが当たりまえになりつつある今、なぜフェイスブックがおすすめなのでしょうか?
その前にフェイスブックの歴史を振り返ってみましょう。このSNSは元々、大学に在籍する学生を検索するためのツールとして2004年に開発されました。そこから友人同士を繋げたり、興味のある事項や趣味といった情報をオンライン上で収集できるようにしたりして徐々に拡大していきました。

フェイスブックの特徴として、多くの人が実名でアカウント取得しているという点があります。他SNSを見ると実名ではなくハンドルネームや、複数のアカウントを取得している方もいるのですが、フェイスブックに限っては実名でリアルな繋がりの延長線として存在しています。そのためユーザーの素直な意見が反映されやすく、ステルスマーケティングなどのリスクも比較的少ないと言われています。

またフェイスブックはオープンなSNSですので、自分が興味を持った事項や記事をシェア、いいねをすると他のユーザーも閲覧出来るようになっています。よって拡散力が高く、ビジネスに向いているといわれています。
他にも様々な機能や理由があり、フェイスブックが支持されていますので今回はいくつかの事項にスポットを当てて紹介していきたいとおもいます。既にアカウント開設をしている方も、未取得の方にも役立つ情報を公開していますので企業の売上や知名度に貢献したい方は参考にしてみてください。

拡散力が他SNSよりリアル

フェイスブックの拡散力は他SNSと違い、リアルに繋がっている友人に告知されます。そのため興味を持った方や、サービスを利用している方が集まりやすく売上に繋がりやすいのです。 情報を拡散するにあたっておすすめの方法についても紹介していきたいとおもいます。

ユーザーをもっと身近に感じる

公式サイトとSNSの違いはユーザーとの距離感です。フェイスブックだとユーザーの意見がしっかりと伝わりますし、企業とユーザーが触れ合う場所ともなります。そのためユーザーが本当に求めているサービスやこれからよりニーズが強くなるサービスを身近に感じる事ができるのです。

△ ページTOPへ